二十五言目 差別か区別か

触り方によっては、大ケガしそう❤

 どうも。アフターバレンタインの光爾です。

 悪天候の先週後半から一転、今日は快晴でした。晴天を誉めるなら日没を待て。まだ2時間くらいはあるでしょうか。そろそろ誉めても良さげかと。

 さてさて。

 元総理の言動が点火した何かに、一階と三階の間にいらっしゃる重鎮などが油を注ぎまくった結果、女性蔑視な言動を非難する劫火が拡大するばかりの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 最近の論調は「そういうポジションにいる方々は考えを改めるべきだ」というものですが、それはムリです。

 ハッキリ言って全くムリです。

至難の業よりムリ200%です。

 あの方々は「女性蔑視的な言動が世間的に非難されるものであるという事実を理解している」わけです。そのうえで、男尊女卑もしくは女性を差別する自分の考えを改めるつもりはさらさらナッシング、そして自分以外の価値観を認めることが出来ない(気遣いができない)傲岸不遜な地金が、ついウッカリな言動を取らせるわけです。

 それを踏まえた解決策は、「(自分の考えはどうあれ)いろいろな価値観を認めることが出来ない方は、そういうポジションに置いてはいけない」というのが最善かと思われます。

 いやほんと、ああいう公のなかでも特殊なポジションには能力のほかに資質も必要ですね。ここで言う資質とはつまり、男女平等であるとか人権に関する価値観をしっかり理解して、それに沿って振る舞えるということです。

 もちろん首長や議員先生方にも必要とされますね、これまでもそうでしたが、これからはより一層。

個人的には元総理の発言は、「女性は話が長い」よりも「ここにいる女性陣はわきまえておられる」のほうが大問題なのですけどね。

 いずれにしても、「お・も・て・な・し」から早8年。主会場たる新国立競技場の設計コンペやり直しであったり、ロゴマークデザインの盗用疑惑であったり、コロナ禍であったり、ここまで大きな危機が何度もあって、ここにきてとうとう組織にこういう問題が起きてしまう。

 こういう言葉は使いたくありませんが、やっぱりねえ。

 厄払いしましょう。

 でも、開催するなら無観客で。できれば中止で。

 そんなこと考えている間に、日没が訪れそうです。

 やっぱり快晴でした。