十四言目 首里城の龍のお顔の向き

勘違いも甚だし。

 どうも、気がつけば11月も25日となっていますね。光爾(ひかりに)です。

 先日、沖縄県立博物館・美術館の講堂では「首里城の大龍柱の顔の向き」について、シンポジウムが開催されました。

大龍柱(だいりゅうちゅう)とは、これのことです。(向き合っています)

 どう思います? このシンポジウムのテーマ。「大龍柱の顔の向き」とは、お互いに向き合っているか、並行して正面を向いているか、という話ですよ。

 学識者って、ひまじんのことを指すのですね。

 いや、良いことです。そういうことに現を抜かせるのは、少なくともこの方々の周囲は平和だということです。平和なご時世で良かったです。

 ただですね。勘違いしないでほしいです。

 決して「大龍柱はひまじん学識者のものではない」ということです。

 歴史書の何が正しくて何が間違っているとか、過去を調べるのは構いませんが、大龍柱が誰のものかというと、「未来を一緒に生きる市民のもの」なわけです。

 ならば、ひまじん学識者が向きを決めるのではなく、市民に決めてもらえばいい。向き合っている時期も正面を向いている時期も、いずれも存在したということは、どちらも間違ってはいないということです。

 それじゃー、大龍柱の顔の向きは、WEB投票で決めようぜ。現代っぽくヨ。笑

 いやほんと、大龍柱のお顔の向きをこれだけ論じる時間があるなんて、なんて平和なのかしらと嘆息せずにはおれませんな。

 しかも、管理責任者のボスまで登壇して。謝罪のひとつくらいは述べたでしょうか。このひまじん学識者とやらの常識を疑います。

 いやはや、沖縄は平和ですぞ。

十二言目 首里城を沖縄の魂と思わないよごめんなさい。

龍譚からの首里城は美しかった。

どうも、光爾ケイト(ひかりに・けいと)です。

まあ曇天の空、新北風(みーにし)が強くなっています。ちなみに沖縄本島では「みーにし」と呼ぶ風を、宮古島や石垣島では何と呼ぶのでしょう。

 もしかしたら、その風に関する認識の有無から確認が必要なのかもしれません。宮古、八重山それぞれに文化がありますから。

 さて、明日10月31日は古都・首里に鎮座していた首里城が大火災により燃え落ちてから1年になる日です。

 県内のマスメディアは全力で「首里城復興」「再建」を叫んでおりますし、「あの日から1年」特集が半端なく展開されております。

 あほくさ。頑張っていますね。

 そもそも沖縄(琉球)の歴史からすると、首里城は琉球統一のシンボルではあるでしょうけれど、征服された側から言えば統一からしばらくは憎悪の対象であった可能性もあります。もちろんそれは首里城に限らず、全世界のどの城においてもそのような時期はあったはずですが。

 ただ、「沖縄のシンボル」「タマシイ」的な扱いは……うーん。思ったより多くの県民の思いを一方的に無視しているかもしれない。

 それほど愛着を持っている人が多いわけではない。

 でも、沖縄観光のシンボルではあるかもしれない。沖縄三大がっかり観光名所と言われながらも。あとのふたつは忘れましたが。

 首里城が再建されなくても(再建は進んでおりますが)、わたしの魂が削れることはありません。県民の魂が弱くなることもありません。

 そもそも何度も焼失していますし、戦後だって40年以上も(直近の復元は正殿1992年)ずっと失われたままでしたからね。

 自分は思ったより、強い。たぶん県民の皆さんも。

 それなのに、なにゆえあれほど悲劇的な印象で紹介されるのでしょうか。悲劇好きなんですか、メディアの皆さん。

 それよりも火災の原因究明を徹底してほしいものです。どこかで誰もが「まあまあ」とか言ってお茶を濁している感じがして。

 まあ、詮無い話なんですけどね。

 責任論だと自殺者が出るかもしれませんし。数十億円規模で沖縄県が賠償しなければならなくなるかもしれないし。

 でも、再建されたら、それはそれで嬉しいですけど。

十一言目 自民党沖縄県議がクラスター

そして僕は途方に暮れる。

どうも。光爾ケイトです。

天気が安定してくれたようで、気温も低め安定、空気は乾燥気味。「おお。沖縄にも秋があったんだ」と久しぶりに感じています。そういう年なんですね。

耳の早い方にはすでにご存知かもしれませんが、自民党の沖縄県議の件。なんと18人でつらつらと離島を訪ね歩く勉強会ツアーを開催し、宮古島・石垣島・与那国島を歴訪したとのこと。

その結果、自民県議だけで12人(25日現在)が陽性患者となる、ほかでもあまり例をみない「移動型クラスター」を作り出す大失態を引き起こしました。

 当然のように、訪問先では濃厚接触が発生するわけです。どのくらいの数になるでしょうね。夜のお店の方まで含めたら50名くらいにはなりそうな気もしますけど。

 これについて、「勉強会は有意義なものであった」などというコメントをSNSで発しているようです。

 いいですね。この的外れ具合。

 こういう的外れな自己弁護をする人たち、まあどこにでもいますよね。わたしもそうならないように気をつけたいです。

 この「コロナ感染予防」が声高に叫ばれている世の中で、人々の見本となるべき(じゃないかと思うが、それほど見本にはなっていない)役割のはずの県議たる人々が、18人もの大人数で大挙して飛行機に乗って大移動を繰り返し、医療体制が脆弱な離島を訪ね歩いた上に、会食をしてさらに夜の街へと繰り出し(まーオトーリをしたかどうかは定かではないとしても)18人中12人もの感染者(25日現在)を生み出して、さらには多くの濃厚接触者を発生させるという行為。

 これって、責任を取ってほしいレベルです。わたしには。

 あと、決して笑えない話がひとつありまして。

自民党沖縄県議の年齢構成は40代が5人いて、あと14人は50・60・70代なのです。

 感染しただけで周囲の人間に途方もない迷惑をかけること、自分が発症したら文字通り命懸けになってしまう旅路に、どのようなお考えで参加されたか、ということですね。

 さらには限りある医療資源を消費してしまうことも、ですね。

 別にマスコミじゃなくても、言いたいことはたくさんあるのではないかなぁ。

 もう感染してしまったので仕方のない話なのですが、タメイキ出ちゃいますね。

初めまして、世界。

「ものまうす」を始めます。

世界のみなさま、こんばんは! あるいは、こんにちは! もしかしたら、おはようございます!

日本語以外で話しかけられない(外国語ができない)わたしが残念ですが、今日から始まる「ものまうす おきなはからに」、光爾ケイト(ひかりに・けいと)と申します。

これから世界に何かを物申していきたい。何のチカラもないけれど、黙ってうつむくのではなく、視線を上げて問いかけていきたい。

そんな考えで、この「ものまうす おきなはからに」を立ち上げます。

今日から始めますが、過去にやっていたブログ記事からの修正・加筆・天才転載も掲載していく予定です。

などと、初回を終わりかけておいて自己紹介に行きますが、・・・というペンネーム以外に紹介できること……。

父は離島出身です。まるでハーフのような顔つきをしていたのを憶えています。

おかげさまでわたしもインド人あたりに間違えられたりすることもあり、日本人に英語で話しかけられた経験があったりします。

母は沖縄本島出身です。福々しい外見とはウラハラに、直言の過ぎる性格で周囲はドン引きです。

ハーフのような顔つきの父のルーツも、直言の過ぎる母のルーツも、実はそんなに深くは知りません。地域では割りと有名なルーツですが、わたし自身は家系図が存在するかどうかすら知りません。母方の祖父は割と名の知れた名士でありましたが、すでに鬼籍の人ですし、彼のコネクションは頼るまいと心に決めておりましたので、親戚筋からはハミダシモノなイメージでしょうね。

その親戚筋はかなりオジイに群がっておりましたけど。苦笑

いや、追って話せることもあるかもしれませんが、後から設定違いが起きると怖いのでこの辺りで留めておきます。

では、これから、どうぞご贔屓くださいますよう。

「ものまうす おきなはからに」、光爾ケイト(ひかりに・けいと)でした。

ではまた。