二十七言目 男子マラソン4分台

旧態依然の・・・組織よ。

 どうも。月曜更新ですが今日の記事自体は28日の日曜日に書いている光爾です。今日の沖縄は晴天、3月1日も晴天だそうで、いろいろと乾かしたい人にはラッキーデイだと言えそうです。

 さて2021年2月28日、日本男子マラソン界が新たなステージに立ちました。

 びわ湖毎日マラソンで2時間4分56秒という記録が生まれました。「4分台」にたどり着いたわけですね。鈴木健吾選手(25=富士通)、おめでとうございます。

 もちろんめでたいのは間違いありません。

 たとえ日本陸連のダサい運営により1億円の新記録達成ボーナス(報奨金)が支給されなくても、4分台の新たなステージを切り開いた栄光は、現時点では日本男子最高の栄誉であることは間違いありません。

 日本陸連と言えば、選手に報奨金を支給するのにいまだにスポンサー収入に頼るような甘ちゃん(ま、アマチュアなので当然かもしれません)ですが、選手の育成方法もまあ甘ちゃんなんだよなと思わされるところがたくさんありますね。

 だいたい、マラソンという競技はもう長いこと強い選手と強い国が合致しているわけです。そして「なぜ強いか」という理由もだいたい分かっているわけです。

 となれば、なぜそれ(強い国の理由)をコピーしないのか。

 なんで「日本独特」のやり方に固執するのか。

 かつて世界ナンバーワンを競った日本マラソン界ですが、それはもう30年も昔の話です。あれから世界のマラソンは高速化し、世界記録が2時間5分を切ったのは2003年9月のこと。日本はそれから17年半も遅れているわけです。

 世界から17年半も遅れているのに、いまだに30年以上前の栄光を忘れられない人たちが、ふんぞり返っている。ま、日本のスポーツ界は、サッカーと野球を除けばだいたいこんなもんですよね。世界から何も学んでいない。野球だって世界から学んでいるのは選手個人だけであって、球界自体は旧態依然ですし。

 さ、男子マラソンが世界で勝つために。

 今すぐ練習拠点を海抜2000m級の高地に持っていくのです。そして、見込みのある若い選手を今すぐひたすら練習に打ち込める環境に置く(もちろん希望する選手のみ)。

 これだけですよ。

 練習拠点を海抜2000m級の高地に設定して、施設を建設する。

 そこに見込みのある若い選手(希望者のみ)を入れる。

 できれば、年間予算を投じて、スポーツメーカーの開発者やら、優秀なスポーツトレーナーやらを投入すると。

指導者に就く人は、競技者としての過去実績とかどうでもいいですよ。むしろ指導者としての実績がどのくらいあるか。そういうことが大事なのでは。

 え。

 海抜2000mの高地だけが必勝法ではない?

 それはそうでしょう。ただ、相手と同等の育成方法に立って初めて、次の育成段階が効果を持つわけです。いえ、今の育成方法にプラス「高地練習の標準化(拠点化)」が加われば、3分台、2分台も夢ではないでしょうね。

 それの実現には・・・ああ、今日はこの辺で。

 3月も良い日が続きますように。

投稿者: Hikarini.K

Born on Earth, Live on Earth, Just like you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です