二十六言目 おすすめ・ブラック校則(笑)

男子中学生は丸刈り

どうも・・・如月の晴天、気温は23度まで上がっているかどうかは実感できない光爾です。だってずっと室内ですからね。

身体を動かさないと、ふ、ふ、太ります。

ここ最近、沖縄でも吹いております「ブラック校則」をどうにかしようぜ旋風。

どううううしても寒いときは長ズボン着用を許す。とかですよね。

 その昔、わたしが中学生のころを思い出しますと確かに「ソックスは白に限る」というルールはありました。「下着も白に限る」というルールがあったかどうか、記憶は薄いですが、まあ中学まではパンツは白でしたよ、確かに。それに、聞いてみると女子には「下着は白」校則はハッキリとあったそうです。

 下着が白かどうか、女子はどうやって確かめられるのかと聞いたら、身体測定とかエンドオールザットだそうで、まあまあチェックされる機会はあったとのこと。オジサン的にはセクハラめいた考えが首をもたげましたが、まず声に出さなくて良かったです。

 さてさて。

 個人的には「校則は必要」と考えていて「なんでもかんでも個人の自由だろ」的な考えを持つ方々とは相容れないわたしですが、だからと言って「下着は白に限る」校則は中学生くらいまでだろうなと思うし、高校生になって下着が白限定だったら、まあ大人になれずにこじらせる人が増えそうなのでやめてほしいところですね。

 あと、パーマ禁止も妥当じゃないですか。せいぜいアルバイト程度しか収入を得られないはずの年齢で、パーマなどはお金がかかりますから。そういうのは禁止のままがよろしいでしょう。同様に、髪を染めるのも原則禁止ですよね。どこぞの人種のるつぼのような国のごとく、金髪も銀髪も天然パーマも赤毛も黒髪も、みんな地毛の人がいる、という国なら別ですけど、学生の本文が学業だというなら、髪染めやパーマは必要性のある人だけに許されるべきだと考えます。そこは、個人の自由とかではない領域ですから。

 集団にはルールが必要です。

 動物にすらルールがあるのに、人間に不要な訳がない。むしろ、動物には有り得ないような高尚なルールがあって然るべきじゃないですか。

 ただ、ですね。

 なんでもかんでも校則で縛るんじゃねーよ。

 という話ですよね。

 寒いときは制服の上からジャージを着るくらい、生徒の判断でいいじゃないですか。マフラーを巻くのも自由じゃないですか。

 だいたい、先生たちは職員室で生徒と同じように薄着を強いられているのですか?

などとね、言ってしまいたくなる。

 そういえば「野球部は坊主頭」というのは何か理由があるのでしょうか。昔は「男子中学生は丸刈り」という校則が多くの中学にはあって、それを拒んで私立に進学したり、なかにはまあ、自分で自分を弑した方もいらっしゃるそうで、代表的なブラック校則とも言えますね。

 髪の毛と言えば「その髪の色は地毛かどうか」という問題ですね。

 これの解決策は妥当な案があります。

高校の入学書類に、入学者全員(入学者全員ですよ?)小学校の卒業写真を添付させればよいじゃないですか。髪の色が黒ではない人間だけに「地毛証明」を出せと言うのは、人権に触れます。地毛証明も入学者全員に提出させるのであれば、(人権はともかく)少なくとも平等ではあるので、わたしは承諾しますけどね。

 どちらにしても、校則のすべてを日の当たる場所に並べて、これは妥当だとかブラックだとか、そういう判断をすべき時期に来ているのではないですかね。

 時代が変わるのなら、ルールも変わる。

 人の世とは、そういうものじゃないですか。

 まあ、詮無いこと・・・とも言えませんね、真剣な話です。

 子どもは国の宝ですからねえ。

投稿者: Hikarini.K

Born on Earth, Live on Earth, Just like you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です