二十二言目 SDGsとは

率先垂範ってコトバ、ご存知?

 どうもー。光爾ケイト(ひかりに・けいと)でーす。

「よし決めた!」→毎週月曜更新!の初回からコケましたことをお詫びいたします。忘れっぽいのが玉に瑕(キュート?←んなわけねえ)

 テレビで国会中継を流しながら気ボードを叩く日々。「このおっさんたちも、きっと感染予防対策を忘れてしまって、銀座をほっつき歩いたのだろうなぁ」とか考えたりする、心優しき光爾です。

 まず率先して守るべき人が守らないルールを、国民が守る必要があるのでしょうか。

 逆を言うなら、「まずアンタらが見本になれ」ということですな、先生方。

 まあ、毎週更新と言って更新していないわたしが指摘するのも説得力に欠けますが。

 さてさて、今日の話題はSGDs。えすでぃーじーず。

Sustainable Development Goals(サスティナブル ディベロップメント ゴールズ)の頭文字をとって、SDGs。

直訳すると「持続可能な開発目標」です。小学生にそのまま伝えても、理解できません。

 なので分かりやすく言うと、「人にやさしく、地球にやさしく」です。

 日本人の悪いところと言うか、先生方とお役所さんと不愉快な仲間たち(主にマスメディア)の悪いところですが、もっと簡単な言葉を使えばいいのに、必ず難しい言葉をそのまま並べてくる。

 それを分かりやすく説明してほしいとお願いすると、「続けることが可能な開発目標のことです」などと返事されそうですよね。

 小学生自分のアンタらは、この説明で理解できたのかと。

 というわけで、「SDGs=人にやさしく、地球にやさしく」に決定です。

 詳しくはココ(国連広報センター)をご覧いただくとして、SDGsについて、わたしたちが何をすれば良いかの基準がほしいのではありませんか?

 それが「人にやさしく、地球にやさしく」です。

 SDGsで設定された17の目標のうち、1から12までは「人間のため=人にやさしく」です。13から17までは「自然環境のため=地球にやさしく」です。

 そしてそれらは、わたしたちの行動にどのように影響するのか。

 個人的には「差別をしない」とか「ゴミを捨てない」とか「ペットボトルはリサイクルへ」とか、そのレベルから始められる。

 問題は、企業や自治体、国レベルの動きとなるのでしょう。

 ひとりひとりがゴミを捨てないだけで、毎日どれくらいのゴミがなくなるのかを考えてもすごいものがありますが、それが企業単位で取り組めるとなれば、またどれほど成果が出るのか興味も出てきますね。

 SDGsをネタに儲けよう・ビジネスをしようなんて考える経営者も、もしかしたらいるのかもしれませんが、そんな勘違いな人に出会ったら、やさしく止めてあげましょう。これで儲けるより先に「我が社のSDGs」と題したWEBコンテンツを作りましょうと、教えてあげましょう。

 人にやさしいこと、地球にやさしいことを実践していれば、それは間違いなく、あなた(もしくは企業や自治体)がSDGsを実践していることになります。

 ほんとにそれだけでいいというのが、SDGsの事実なのです。

 これから時流に乗ろうとして、たくさんの「自称SDGsコンサルタント」が生まれてくると推測されますが、無駄にお金を払うことはありません。

 「SDGs=人にやさしく、地球にやさしく」です。できることから始めていきましょう。

 ほんで、これを言っとる国も企業も「言ったら、率先垂範」ですよ

 ねえ、先生方もそうですよ。

 まあ、詮無い話ではありますけどね。

投稿者: Hikarini.K

Born on Earth, Live on Earth, Just like you.

「二十二言目 SDGsとは」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です