十一言目 自民党沖縄県議がクラスター

そして僕は途方に暮れる。

どうも。光爾ケイトです。

天気が安定してくれたようで、気温も低め安定、空気は乾燥気味。「おお。沖縄にも秋があったんだ」と久しぶりに感じています。そういう年なんですね。

耳の早い方にはすでにご存知かもしれませんが、自民党の沖縄県議の件。なんと18人でつらつらと離島を訪ね歩く勉強会ツアーを開催し、宮古島・石垣島・与那国島を歴訪したとのこと。

その結果、自民県議だけで12人(25日現在)が陽性患者となる、ほかでもあまり例をみない「移動型クラスター」を作り出す大失態を引き起こしました。

 当然のように、訪問先では濃厚接触が発生するわけです。どのくらいの数になるでしょうね。夜のお店の方まで含めたら50名くらいにはなりそうな気もしますけど。

 これについて、「勉強会は有意義なものであった」などというコメントをSNSで発しているようです。

 いいですね。この的外れ具合。

 こういう的外れな自己弁護をする人たち、まあどこにでもいますよね。わたしもそうならないように気をつけたいです。

 この「コロナ感染予防」が声高に叫ばれている世の中で、人々の見本となるべき(じゃないかと思うが、それほど見本にはなっていない)役割のはずの県議たる人々が、18人もの大人数で大挙して飛行機に乗って大移動を繰り返し、医療体制が脆弱な離島を訪ね歩いた上に、会食をしてさらに夜の街へと繰り出し(まーオトーリをしたかどうかは定かではないとしても)18人中12人もの感染者(25日現在)を生み出して、さらには多くの濃厚接触者を発生させるという行為。

 これって、責任を取ってほしいレベルです。わたしには。

 あと、決して笑えない話がひとつありまして。

自民党沖縄県議の年齢構成は40代が5人いて、あと14人は50・60・70代なのです。

 感染しただけで周囲の人間に途方もない迷惑をかけること、自分が発症したら文字通り命懸けになってしまう旅路に、どのようなお考えで参加されたか、ということですね。

 さらには限りある医療資源を消費してしまうことも、ですね。

 別にマスコミじゃなくても、言いたいことはたくさんあるのではないかなぁ。

 もう感染してしまったので仕方のない話なのですが、タメイキ出ちゃいますね。

投稿者: Hikarini.K

Born on Earth, Live on Earth, Just like you.

「十一言目 自民党沖縄県議がクラスター」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です